思想精神倫理

現代において必要なことは、

人間尊重の思想の在るべき正しい姿、

合理的精神のあるべき正しい考え方、

民主主義社会の倫理のあるべき正しい行為の仕方を、

私たち自身でよく考えてみることである。

他人から教えられた思想は、そのままでは、自分の思想とはならない。

他人の精神を、そのまま、自分の精神とするわけにはゆかない。

他人から与えられた倫理は、そのままでは、自分の行為の原理とはならない。

どこが間違っており、どこが正しいか。

自分で改めて考えなおしてみるということなしには、思想というものも、精神というものも、倫理というものも、実は存在しないのである。

上の言葉は山崎正一さんの思想であり精神であり、倫理である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です