小川町 20130914

11:37分に小川町に着く。

車で二人に出迎えてもらう。

その足で畑へ。12月に返すとのことで草刈り。ごまをたくさん刈る。インゲン、なすも。バッタがたくさんいた。

あけぼのというお弁当屋さんで助六350円と酒饅頭90円を買う。

12:30頃、Jくん宅到着。町営住宅とのことだが外壁に緑のタイルが貼られていておしゃれな印象を受ける。部屋は3LDKあってとても大きい。

15:30頃までご飯を食べながら話す。お土産を渡す。その後キャンプに行くための準備をして、近所の小川に行く。途中新装開店した大きなドラッグストアによって、食材とお酒を買う。

16:30頃、湧き水を汲みに行く。結構山奥まですすんで、有名な湧き水らしい。顔を洗う、気持ちよかった。その近くに小川町を一望できる所があった。いい眺めで、写真を撮る。

17:00頃、準備が整ったのでキャンプ場へ。先客がいたが辺りを一周したらいなくなっていたので準備開始。目的は余っていた材木をたき火して燃やすことと、夜ご飯を作ることで、料理は主にSちゃんが担当。自分とJ君は炎の管理をしながらお酒を飲む。いろいろ話した気がする。特にSちゃんの話が印象に残る。女性は何かに気づくのが早くていろんな考えを持っていると感じる。

ダッチオーブンで野菜を煮たトマト風スープの完成。一番に頂く。前回遠慮してあまり食べなかったので今回はいっぱい食べたかった美味しいから。うまかった。目的の材木の燃焼も完了し、一眠りもして退散。家に戻る。

22:00頃、帰宅。室内はやはり落ち着く。テレビを見たりお菓子を食べたりして0時頃就寝。

03:00頃、目が覚めホームラン軒を頂く、うまかった。Sちゃんのおなかも触った。妊婦さんのおなかを初めて触った。赤ちゃんも少し動いていたよ。

08:00頃、起床。

パンとスープで朝食。うまかった。

何をする訳でもなくいろいろ話す。哲学とパソコンの話もした。家族の生い立ちとか話したり、結婚写真を見せてもらう。神前式で家族の集合写真が印象的だった。整体師さんの話を聞く。ソーメンで昼食。ご飯の炒め物がうまかった。

13:00頃、外に散歩に出かける。近所を1、2時間歩く。彼岸花が咲いていた。立派な家がたくさんあった。

15:00頃、家に帰り、かやの湯に向かう。車でドライブ、心なしか青空も見えて天気も良くなってきた。

温泉着、温度がそこまで高くないのかやっぱりゆったりできる。最高に気持ちいい。冬に来たらいいだろうと話した。結構特別な風呂だと話していた。

帰り道運転させてもらって、まだ運転できるんだな。

18:00頃、小川町駅に到着し、お土産のうどんも買って帰宅。元気な子供を生んでもらって再会の約束をし、お別れ。健康で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です