唯識性2

ChatGPTより

全一的な発想と仏教の空

全一的(全一的)な発想は、全ての存在が一つの統一体として包括されるという考え方です。これは、一元と多元という二項対立をアウフヘーベン(止揚)することで可能になります。一元は全てを包括する大きな範囲を一つと考え、多元はその中に内在する多様性を含むものです。

仏教の空(くう)の概念は、全ての存在が実体を持たない、すなわち「無自性」であることを示します。これは、全てが相互依存し、独立した実体として存在しないという視点です。

一神教と多神教の統合

一神教多神教の対立を統合するための全一的発想は、全ての神々が一つの究極的な存在に包括されるという考え方です。つまり、多くの神々が存在するという多元的な視点が、最終的には一つの全一的な神に統合されると考えることができます。

現宇宙と反宇宙(ミラーユニバース)

現宇宙は物質が存在し、肯定的な実在を持つ世界です。一方、反宇宙(ミラーユニバース)は物質が存在せず、否定的な実在を持つと考えられます。全一的な考え方を現宇宙とし、空の考え方を反宇宙とすることができます。

唯識性との重なり

唯識性は、全ての現象が心の働きによって生じるものであり、実体は存在しないという思想です。これは、現宇宙(全一的な実在)と反宇宙(空の実在しないもの)という対立を統合する視点とも重なります。

全一的な発想は、唯識思想の依他起性や円成実性に対応し、全てが心の働きによって生じるという考え方です。仏教の空の概念は、遍計所執性や相無性、生無性、勝義無性に対応し、実体が存在しないことを示します。

結論

全一的な発想と仏教の空の概念を止揚することで、唯識思想が浮かび上がります。

全てが一つの統一体として包括されるという全一的な考え方と、全てが無自性であるという空の考え方は、最終的に全ての現象が心の働きによって生じる唯識性という視点に収斂します。これにより、一元と多元、一神教と多神教、現宇宙と反宇宙といった二項対立を超越し、全てを包括する統一的な理解が得られるのです。